システムエンジニアの激務を避ける働き方

技術力があれば、その技術を活かして仕事が続けられる。しかし一方で、肉体的な限界についても考慮する必要がある。若い頃には多少無理をしてでも、仕事を続けることはできる。しかし年齢を重ねていくに従って、体の無理が利かなくなってくる。このことから、肉体的な負担が大きい仕事は、その後の身の振り方について考える必要がある。

システムエンジニアは直接的な肉体労働ではないが、しかし激務になることが多々あることから、精神的肉体的疲労が大きいという特徴がある。若い頃には、激務のシステムエンジニアの仕事が苦もなくこなすことができていたとしても、将来的には同じようにはいかない。そのため、システムエンジニアとして、将来的には負担が避けられるような仕事の方法を考えることが大切である。

一つには、職場を変えるという方法がある。同じシステム開発の仕事でも、仕事の忙しさには違いがある。また、キャリアアップし上流の仕事に移行すれば、負担はできるだけ避けることはできる。あるいは、システム開発の仕事から他の分野へと移行することもまた、負担を軽減するための手段である。

システム開発で培ってきたスキルは、他の情報技術開発の分野でも応用が可能である。体の無理が利かなくなったならば、激務の負担を無理に続けるよりは他の情報技術者としての働き方を考えたほうが良い。そのための準備期間を十分に取っておけば、スムーズな移行を可能にする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です