システムエンジニアの激務な仕事量の優位性

システムエンジニアといっても、その仕事が必ずしも忙しいということはありません。どのような職場を選ぶか次第であり、余裕あるシステム開発の仕事を選ぶのも方法です。しかし、早い段階でのキャリアアップを図り、管理職へのステップを進むのであれば、仕事の経験を多く得られる職場を選ぶほうが有利です。

管理職では、マネージメント能力はもちろんのこと、プロジェクトに関わる仕事の経験についても多いほうが有利です。適切な指示をスタッフに出すためには、仕事の内容を理解していなければなりません。その点で、仕事量の多い激務の職場は、短い期間でのキャリアアップにとって有利な環境でもあります。早く管理職へとステップを踏み出すことができれば、収入は増え生活に余裕が出てきます。

また、高い能力は仕事の選択の余地をもたらしてくれます。まずは激務のシステムエンジニアとしての仕事を経験してから、管理職へのキャリアのステップアップと共に、比較的余裕を持って仕事に従事できる職場が選べます。社会人になって始めの職場選びでは、どうしても負荷が少ない職場を選びがちです。

しかし、これから仕事に従事していく上で、上位管理職へのキャリアパスを早期に達成したいのであれば、あえて激務な労働環境にあるシステムエンジニアの職場を選び、実力のアップに賭けてみるのも有意義な判断です。そうすれば、システム開発の分野で出世できる可能性が見えてきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です